SSブログ

オリンピック終わったね+老害 [スポーツ]

ちょっと間が空いたけどリオ・オリンピック終わりました。

金12,銀8,銅21 全部で41個のメダル。スゴイですわ。
嫁さんも言っていたけど、これだけいろいろ盛り上がったオリンピックって
今まで無かったかも。

体操男子団体の金、内村選手の個人総合金、卓球女子団体での涙の銅、
いやーいろんな感動場面があった。

で最終版は、女子レスリングでの伊調選手のオリンピック史上初の女子4連覇、
それとは対照的に、まさかの吉田沙保里選手の銀。
吉田選手のあまりの強さに階級を変えた(と聞いた)伊調選手が、4連覇達成で、
それこそ4連覇確実と言われた吉田選手が銀になるとは。
これもスポーツ。吉田選手に立ち向かって金と取った相手の選手が立派。

あと、まさかの100m*4人リレーでの銀メダル。
ジャマイカに食い下がって、あのアメリカリレーチームに勝ったのは
ちょっと信じられない位の快挙。
だって9秒台がいないチームなのに、アメリカに勝つんだぜ。
いろんな努力と練習と苦労があったのだろうけど、団体戦という日本人の
特異なモチベーションの高さ。

いろんな驚きと感動があったオリンピックでした。
ここ最近のオリンピックで目立つのは、全くマイナー競技だったのに、
メダルを獲得するという傾向。
前回のフェンシングやアーチェリー、女子重量挙げ、今回だとバトミントン、カヌー、競歩など
これまで殆ど注目されず、黙々とやって来た種目でメダルを獲得するってこれもスゴイこと。

あと人気だけど今までメダルに程遠かった競技。
バスケや7人ラグビーなんか、世界ランク1桁と次々と撃破。
メダルには届かなかったけど大健闘だったし、卓球、テニスでは遂にメダルとったし。

メダル至上主義には嫌気だけど、やっぱり取れば競技全体がレベルアップするし、
取れなくても、世界の中でこれだけのレベルなんだということを示せるし。
いろんな競技でレベルアップしてる気がする。

まあ開会直前まで、本当に開催できるのか心配だったブラジルですが、
細かいことは一杯あったにせよ、結局はやればできる子で終わって
良かった良かった。 


でここからは違う話。
張本さんの喝が話題になるけど、未だにこんなこと言ってるよ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日本卓球個人での初メダルを獲った水谷選手に
「あんなのガッツポーズはダメ、手は肩よりあげちゃダメ、礼に始まり礼に終わるですから」

銀、銅メダルに対して
「ただスポーツにはその上がありますから。いつも言うじゃないですか。1番じゃないと
価値がないのよ。小学生の運動会じゃないのよ。1番と3番を同じように扱ってもらいたくない」
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まあ、ご自身も既にイチローに抜かれて1番じゃないんですけどね。


あと、金田正一が久しぶりに出てきて言ったこと。
大谷選手(投手)に投手通算HR数で並ばれたことに対して。

「私にもプライドがありますから。はっきりと、ピッチャーで登板して打ったホームランと、
DHで打ったホームランと区別して発表しなさいよ。中身が違う。そうしないと私にも
プライドがありますから」

まあ寂しいご意見だこと。
心配しなくても、あなたの通算400勝は、それこそ金輪際NPBでは破られませんから。
王選手や張本さんの打撃記録は、万が一の可能性はあっても、最多勝関係(通算、単年)は
もうあり得ないことですから。
まあ、大谷選手が気にするかと言えば、苦笑いで終わりでしょうけど。

ということでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。